IPO 目論見書

新規に株式を公募や売出しするにあたり、投資家に説明するため作成し配布されることが義務づけられている書類で、正式名称は新株式発行及び株式売出届け出目論見書。

新規上場承認された日以降、数日の間に取扱証券会社のHPに掲載されることが多い。

目論見書(もくろみしょ)の内容

 事業内容
 財務諸表
 調達資金の用途(成長性と会社の姿勢)
 IPOスケジュール
 想定発行価格(仮条件との比較で強気度がわかる)
 主幹事、幹事情報
 ロックアップ
 オーバアロットメント
 第三者割当概況(VCの取得コストがわかる)
 株主状況

すべて目を通すには、軽く2〜3時間はかかります。

IPO抽選参加者は必ず目を通さなければならないことになっていますが、実態は?です。

投資判断に必至な情報は限られているので、一度勉強のために読まれてはいかがでしょうか。


目論見書の掲載が早くて閲覧が便利なのは下記ネット証券で、
情報収集のためにも口座開設をしておくと便利です。



口座開設/無料資料請求
 マネックス証券
 オリックス証券
 イー・トレード証券


 株ブログ IPO・新規公開株  


 口座開設お忘れになっている証券会社はありませんか
  IPO当選のための必須証券会社

 お得な全員プレゼントキャンペーン情報 人気ランキング(^o^)
  当サイトの一番人気キャンペーンはこちらです。
  取引不要のマネーパートナーズ、手軽さでMJ Spot Board,外為オンライン
  みんなのFXは初現金ゲットには最適かも?!


IPO 目論見書 にコメントお願いします

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 


Copyright (C) 2006 IPO初値予想 IPO投資家になろう All rights reserved.
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ